セーバー病

セーバー病について



セーバー病は8~12歳の男子によく起こる、踵骨の骨端症と言われる症状です。

体操や剣道などの素足で行うスポーツや、サッカーや陸上競技など長時間の走行動作を繰り返す事で踵骨骨端部に発生する事が多いとされています。

ハート接骨院でもこれまで多くのセーバー病でお困りのお子さんを診させて頂き、お役に立てる事も多いのでセーバー病の原因や特徴、治療法などについてお伝えをします。


セーバー病の症状


セーバー病の症状は、踵やアキレス腱周辺の痛みです。
 
激しい運動をした後に痛みが発生する場合があり、アキレス腱を伸ばす時に痛む事が多く、さらに痛みが強くなると、それから逃れようと歩くときに爪先立ちになってしまうこともあります。

また、小学校高学年の年齢でよく発生する事から「成長痛」と言われる事もありますが厳密には成長痛では無いと考えています。

それは、次の「セーバー病の治療法」の中でお伝えしますね。


セーバー病の原因

セーバー病が起こりやすい8~12歳頃の子供の踵には骨端線があります。

この部分は成長する為の軟骨があり、大人の骨ほど硬くなっておらず、レントゲン上では「骨端核」と呼ばれる核の部分しか写りません。

例えるなら、本来ゆで卵の白身も黄身も全て見えるところが、黄身の部分しかレントゲンには写らない、と言ったイメージです。


まだ骨として成熟してない部分(踵)にジャンプやダッシュ動作などが過度に加わるとアキレス腱によって踵が引っ張られて炎症を起こした状態が「セーバー病」です。

ひどくとなると骨の変形を伴いながら発症したり、地面に踵をつけられない程強く痛む事もあるため注意が必要です。

その上で、当院ではセーバー病の原因は大きく2つあると考えています。

①姿勢のゆがみ・・・
姿勢がゆがむとほとんどの場合、「後ろ体重」「踵体重」になります。同じ生活をしていても常にふくらはぎ(アキレス腱)や踵に負担がかかるので単に踵の治療だけをしても改善はされません。

②足指の問題・・・足指で地面を握る力が弱いと、これも「踵体重」になりセーバー病になる原因となります。

この2つの問題の解決法は、下の「セーバー病の治療法」の中でお伝えしますね。


セーバー病の治療法

セーバー病の原因は大きく2つありますよ、とお伝えをしました。
ここではその原因に対して当院がどんな治療をしているか、をお伝えします。

①姿勢のゆがみ・・・姿勢の問題には当院独自のハート接骨院式背骨・骨盤矯正と自宅でも出来るセルフケアが有効です。


子供に良い姿勢でいてもらいたい、そんな想いからつい「姿勢を良くしなさい!」と強い言葉が出てしまう、そんな風に悩まれている親御さんもみえます。

でも、子供は姿勢を悪くしよう、と思っている訳ではなく「良い姿勢でいるのがツライ」だけなんです。
適切に背骨や骨盤の治療をして姿勢の気をつけ方が分かれば、自分でも何とかしようと思うものなんです。

詳しくは「猫背・悪い姿勢」のページでも書いていますので、良ければご覧下さい。



②足指の問題・・・浮き指や外反母趾偏平足などの足指の問題があると、「足に指で地面をつかむ」という感覚が持てずに①と同じように「かかと体重」「後ろ重心」の状態になります。

強い足指にするために当院では「あしづかみセラピー」や「あしづかみテーピング」を行っています。

足指の問題は初回の行う「フットプリンター」の検査で一目で分かります。

踵の痛みがなかなか取れないレントゲンでは異常がないと言われた。
そんな方も多く来院しています。

セーバー病は決して成長が止まるまで我慢しなければいけない症状ではありません。
お困りの方は是非お早めにご相談・ご来院下さい。

はじめての方は午前2名・午後3名限定ですので、「セーバー病のページを見て・・・」と0120-164-810 までお気軽にお電話下さい。
学生にはお得な学割も行っていますので、こちらのページも是非ご覧下さい。


スタッフからのメッセージ

スタッフ写真

1) 元気で気持ちの良い挨拶
2) スマートな対応
3) 丁寧な説明
皆様の笑顔の場所となるように頑張ります!