腰椎分離症

腰椎分離症の施術をする理由


腰椎分離症は成長期の学生や高齢者に多くみられる腰の痛みです。
ここでは、成長期にみられる腰椎分離症について詳しくみていきます。

腰椎分離症は成長期に野球やサッカーなどのスポーツ活動を頑張る子供に発症する腰(腰椎)の疲労骨折とされています。


雪がちらつくような寒いある冬の日、当院に通院されている方のご紹介で中学2年生の男の子が来院しました。

お母さんに連れられて、下を向いて口数も少ない男の子でした。

「病院で腰椎分離症と言われて、運動をやめてリハビリしなさいと言われて…」



サッカーが大好きだった男の子はサッカーが出来ない、プレイしてもすぐに痛みが出る現実に落ち込む気持ちを隠せないようでした。

検査をしてみると確かに腰椎分離症の症状が認められます。
病院の先生とも連携を取り当院でリハビリを開始しました。

初めは施術効果も一進一退でした。

しかし3年の夏の大会で必ず結果を出したいという強い想いが前面に出てくるようになり、春先には愛知県のトレセンにも選ばれるようになり治療の際にも笑顔も口数もドンドン増えて来ました。

夏の大会では強豪校を次々と破り、目標以上の結果も残してくれました。
その後県外のサッカー強豪校へ進学する事を決めた彼は、今も元気にサッカーを楽しんでプレイしている事でしょう。

腰椎分離症は、大好きなスポーツをしたい盛りの学生を苦しめる病態です。
子供が笑って家に帰って来れば親はまた次の日の仕事も頑張れるものです。

家族に笑顔が増えるように、そんな想いで腰椎分離症の施術にあたっています。


腰椎分離症とは

腰椎分離症は、上記したようにスポーツを頑張る成長期の学生に多く起こる腰の疲労骨折症状です。

以下に当てはまる方は腰椎分離症の可能性がありますので、早めに当院を受診してください。


腰椎分離症の特徴

  • スポーツをしていて、腰に痛みがある
  • 腰を反らしたり捻ったりすると痛みがひどくなる
  • 前屈で手が床まで届かない

当院の施術方針

腰椎分離症は、
①画像上骨折所見を認めない「早期」

②腰椎椎弓に亀裂を認める「進行期」

③腰椎椎弓が完全に分離した「終末期」

に病期が分けられます。
基本的には病院と連携しながらCTやMRI画像を確認しながら経過観察をしてリハビリを進めていきます。

その上で当院では以下の施術を行います。
・痛みや炎症を抑えるハイボルテージ療法

・神経の流れを整えて自然治癒力を高めるソフト矯正

・痛みの無い範囲でのセルフケア指導

・体幹筋力の不足が原因の場合には体幹トレーニング「JOYトレ

痛みは我慢せず、早めに当院へ起こし下さい。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
お困りの方は、お電話でご予約下さい。

0120-164-810

はじめての方は1日限定5名です。
「ホームページを見て・・・」とお電話・ご予約をお願いします。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
ハート接骨院・ハートフルマッサージの口コミ・感想をもっと見る

スタッフからのメッセージ

スタッフ写真

1) 元気で気持ちの良い挨拶
2) スマートな対応
3) 丁寧な説明
皆様の笑顔の場所となるように頑張ります!