肉離れ

肉離れって何?



『肉離れをしたので直ぐに診てもらえますか?』

そんな風に慌ててお電話を頂く事がよくあります。


肉離れは、軽度のものから重度のものまであります。
特にダッシュした時やウォーミングアップが足らない状態でスポーツをした人によく発生しています。

当院でも太ももの前側や後ろ側、ふくらはぎに肉離れを起こす方が多いです。
当院では肉離れを3つの段階に分けて鑑別と治療を進めていきます。

そうすることでスポーツや日常生活への復帰を最短で行う事が出来ます。


Ⅰ度(軽度)筋肉の表面でささくれが出来るように、軽く筋肉を伸ばした状態。歩行・運動は可能。
Ⅱ度(中度)筋肉が部分的に断裂した状態。歩くのも辛く、皮下出血を認める。
Ⅲ度(重度)筋肉が完全に断裂した状態。歩行・荷重が出来ずに凹み(陥凹)を認める。

レベルの判断は私達がして最適な復帰プランを立てますので、少なくとも以下のような症状のある方はお早めにご来院される事をオススメします。

当てはまる方はお早めにご来院下さい

  • スポーツをしていて急に筋肉に痛みが出た
  • ストレッチなどで筋肉を伸ばすと痛い
  • 筋肉がつったような硬さが取れない
  • 以前にも同じような症状がある

なぜ肉離れは起きるの?

専門的に言えば、痛める時には大きく2つの痛め方があります。
例えば、「割り箸が折れる」事を肉離れを起こすことだとすると・・・

亜急性損傷 : 1回で折れる力では無いが繰り返し力を加え続ける事である時に折れる。

急性損傷 : 1回で折れるような強い力が加えられて折れる。


 

「肉離れ」は怪我をした瞬間だけ見れば②の急性損傷のように思われますし、実際にそうです。

しかし、多くの患者さんを診させて頂く中で、肉離れを起こした方の多くが①亜急性損傷の状態もありました。

つまり練習量が過多になっていたり、ストレッチが不足していたり、疲労が溜まっていたり。

最後に強い力が加わったものの、それまでに蓄積していた筋肉の疲労が強ければ強いほど、痛める確率が高くなる、と言うことが言えます。



肉離れはどう対処すれば良い?

日常生活やスポーツで強い力で痛めた時には、まず「RICE処置」を優先して下さい。

「RICE処置」は足の肉離れを例に出すと、


 Rest(安静) : まずは患部を安静にする(スポーツを中止する)。


Icing(アイシング) : 氷水のバケツや氷嚢を用意して、20分くらいを目安に冷やして下さい。感覚が無くなったら直ぐにアイシングを中止して、感覚が戻ったら同じようにアイシングを2~3度繰り返して下さい。

Compression(圧迫) : 患部を圧迫して下さい。包帯があれば巻いてあげるだけで圧迫になります。

Elevation(挙上) : 患部を台の上に乗せるなど高い位置に置いて下さい。痛めた炎症反応で血流過多になっているものを降ろすイメージです。

出来るところまでやって来院出来るとベストですね。


肉離れの治療方法

ハイボルテージという特殊電気を当てる事で患部の回復を促進させる事と合わせて、痛めた状態に合わせて適切な固定を行います。

①Ⅰ度(軽度)の場合には圧迫固定が出来るサポーターを使用します。

②Ⅱ度(中度)の場合にはギプス固定をする場合が多いです。ヒール(踵)を付けて荷重が出来るようにする事で固定中の筋力低下も最小限に抑えて最速でのスポーツ復帰を支援します。

③Ⅲ(重度)の場合にも状態に合わせたギプス固定を行っていきます。

適切な固定は痛めた組織の回復を促進してくれます。
ギプス固定については「足の捻挫」のページでも紹介していますので、良ければご覧下さいね。


また、上記したように肉離れの多くは疲労の蓄積なども原因の一つになります。
普段からのボディバランスを整えるバランストレーニングもオススメです。

当院ではサッカー選手も日常的にバランストレーニングを行っています。

早くスポーツに復帰したい、再発したくないという想いに少しでも応えられるように最適な処置・トレーニング処方をしていきます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
お困りの方は、以下へお電話・ご予約下さい。

0120-164-810

はじめての方は1日限定5名です。
「ホームページを見て・・・」とお電話・ご予約をお願いします。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 
ハート接骨院・ハートフルマッサージの口コミ・感想をもっと見る

スタッフからのメッセージ

スタッフ写真

1) 元気で気持ちの良い挨拶
2) スマートな対応
3) 丁寧な説明
皆様の笑顔の場所となるように頑張ります!