腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは?


「ヘルニアだから痛い」という定説は現在様々な研究で実関係が薄い事が証明されてきています。

“ヘルニア”とは“脱出や突出”という意味です。

背骨が積み木のようなものだとすると、積み木同士が直接当たらないように積み木と積み木の間にはクッション材が存在します。このクッション材の事を「椎間板」と言います。


椎間板を上から見ると、“ゆで卵”と表現される事があります。

解剖学的には、卵の白身=繊維輪、卵の黄身=髄核、と呼ばれます。

椎間板に負荷がかかり続け耐え切れなくなって髄核が後外側に“脱出・突出”した状態が「椎間板ヘルニア」です。

突出した髄核が神経を圧迫することで強い痛みやシビレを起こすと考えられています。

しかし最近の研究によると、MRIやCT検査による画像検査を行うと、無症状の人の約4人に1人は画像上「腰椎椎間板ヘルニア」と診断が下るという報告もあります。


ここに、当院でも腰椎椎間板ヘルニアの施術を行う理由があります。

腰椎椎間板ヘルニアの施術を行う3つの理由

当院では腰椎椎間板ヘルニアの痛みやシビレの原因は大きく3つあると考えています。

①姿勢による負担

上記したように、椎間板に負担がかかり続ける事でヘルニアの状態になります。
その原因に普段の姿勢が関係してくる事は明確です。

当院ではハート接骨院式背骨・骨盤矯正を通して負担の少ない姿勢が取りやすい状態を作ります。
そして普段のセルフケア指導で良い姿勢の保ち方も指導しますので少しずつ、椎間板にかかる負担を取り除く事をしていきます。

こんな数字をご存知でしょうか?普段の生活を数字の「1」だとして、
・姿勢をほんの少し=0.01気にして1年(365日)過ごすと・・・
1.01365=37.8

・逆に、ほんの少し=0.01悪い姿勢で1年(365日)過ごすと・・・
0.99365=0.03

単純に数値化できるものではありませんが、もしあなたがヘルニアでお悩みでこうしたコツコツの積み重ねでちゃんと良くしていきたい、と思われるのであればお役に立てます。

②運動不足による体幹筋量の低下


体を横から見た時に、腹圧=お腹の圧力がしっかりある事によって背骨が正しい彎曲を保っていられます。

しかし普段の運動不足などにより腹圧が低下=腹筋が弱くなってくると背骨への支えも弱くなり日常的に負担がかかりやすくなります。

当院では高精度体組成計によって体幹筋量(インナーマッスル)の測定が可能です。

腰椎椎間板ヘルニアの原因が体幹筋量の低下にある場合には、ハート接骨院式背骨・骨盤矯正と併せて、体幹トレーニングJOYトレを行います。
ヘルニアの症状がある段階で強度の高い運動を行う事は体への負荷も大きいですが、JOYトレは寝ているだけで鍛えられますので体への負担無く、インナーマッスルのみ鍛えられるというメリットが大きいです。

 

③負担のかかる動作の繰り返し

現代は色々な所から情報を得る事が出来て選択肢が増える反面。本当に正しい情報なのか?自分が取り入れて良い情報なのか、判断に迷う事もありますよね?

当院では施術を受けるに当たって正しい知識を身に付けて頂きたいと思い、月に2回無料の健康教室を開催しています。

ここでは姿勢の重要さを中心に体を動かしながらお話させて頂きますが、何よりもあなたに合った体の使い方の指導がオーダーメイドで出来るというメリットがあります。

当院をフル活用して、理想の体を手に入れて下さいね。


当院での施術方針

腰椎椎間板ヘルニアはここまで読んで頂いたように、少しずつの負荷に体が耐え切れなくなって出てくる症状です。

症状を改善していくのにも一定の期間が必要である事は開院15年の経験からも言えます。
姿勢や体幹バランス、日常の動作、改善にはどれくらいの期間を要するのか、当院では「治療計画書」を発行して治療の頻度・期間・料金を明確にしています。

しっかりご自身の体と向き合い、前向きに治療に取り組むことで治療効果は何倍にもなります。そんなあなたのお役に立てる事が出来れば嬉しく思います。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
お困りの方は、お電話でご予約下さい。

0120-164-810

はじめての方は1日限定5名です。
「ホームページを見て・・・」とお電話・ご予約をお願いします。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

ハート接骨院・ハートフルマッサージの口コミ・感想をもっと見る

スタッフからのメッセージ

スタッフ写真

1) 元気で気持ちの良い挨拶
2) スマートな対応
3) 丁寧な説明
皆様の笑顔の場所となるように頑張ります!