肘内障

肘内障って何?



『子供の肩が上がりません』


『子供の手を引っ張ったら腕が抜けました』


 

当院でも時々、お母さんから慌てた声でそんなお電話を頂く事があります。

多くは5歳以下の子供に多く、特に親が子供の腕を引っ張った後に痛がって腕を動かさなくなったり、腕が上がらない、バイバイ出来ない、などの症状が現れます。


明確に肘を指差して「ココが痛い」と言ってくれれば良いですが、そうでない事も多く、親御さんの中には「肩が痛いみたい」「手首を痛めた」という感覚の方もみえます。


こういった症状を「小児肘内障(ちゅうないしょう)」と言います。
“肘の脱臼”と表現される事もありますが、正確には肘の外側にある
橈骨という骨の先端にあるバンド状の靭帯が亜脱臼をした状態です。
 

対処法

ほとんどの場合病院だけでなく接骨院でも対応可能です。

当院でも年間4~5例の整復を行っていますが、稀に子供が手を衝いて転んだり直接肘をぶつけた、というより強い力が加わった際には亜脱臼ではなく骨折を起こす可能性もあります。

当院では整復前に必ずメジャーなどを使って腫れ具合をチェックします。
著しく腫れが強い場合には骨折を疑うことになりますが、肘内障であれば整復後から元気に腕を動かすようになります。


こんな場合は要注意

  • 強い力で痛めた
  • 整復後も痛がる、動かさない
  • 10歳以上で「肘内障」と診断された

予防法

症状としては比較的軽いものですが、お子さんにとっては痛いものです。
是非大切なお子さんに痛い目にあわせない為にも、以下のことにご注意下さい。


肘内障の注意のポイント

  • 手首の上を持って引っ張らない
  • 手を引く時には手のひらを持つ
  • 肘から上(上腕)を持って引っ張る
以上の事に注意してもらえれば、「クセになる」ような事もまずありません。
診療時間外でも可能な場合は処置いたしますので、お困りの際はご連絡下さい。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
お困りの方は、お電話でご予約下さい。

0120-164-810

はじめての方は1日限定5名です。
「ホームページを見て・・・」とお電話・ご予約をお願いします。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
ハート接骨院・ハートフルマッサージの口コミ・感想をもっと見る

スタッフからのメッセージ

スタッフ写真

1) 元気で気持ちの良い挨拶
2) スマートな対応
3) 丁寧な説明
皆様の笑顔の場所となるように頑張ります!