ジャンパー膝(膝蓋腱炎)

ジャンパー膝って何? 

『膝を曲げるのも辛かったのが楽になりました』 


 

膝蓋骨(膝のお皿)の下には膝蓋腱があります。
膝蓋腱炎(ジャンパー膝)は太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)の腱(膝蓋腱炎)がランニング動作やジャンプ動作が繰り返し加わって炎症を起こす事です。

初期段階では運動中や運動後の痛みですが、放置して慢性化・悪化してくると運動に限らず安静時でもジンジンするような痛みが出る事があります。

ジャンパー膝と言う名前の通り、ジャンプ動作の多い競技をしている10代の学生に良く見られる症状です。

当院でもサッカーやバスケットボール、バレーボールや陸上競技をしている子に多くみられます。

成長痛と間違われる事もありますが、成長痛の場合にはオスグッド病という症状があります。

成長痛は骨の成長に筋肉の成長が追いつかずに引き伸ばされて骨の付着部で痛みを出すものです。
成長痛が落ち着いても、伸ばされた筋肉の硬さが残っている子がその後の運動でジャンプ動作を繰り返してジャンパー膝を発症するという事もあります。

当院では単に痛みを取るだけでなく予後も考えて生活指導や動作指導を行っております。


 


ジャンパー膝チェックリスト

あなたはいくつ当てはまりますか?

  • 膝蓋骨(膝のお皿)の下が痛む
  • 膝蓋骨(膝のお皿)の下が腫れている
  • 膝蓋骨(膝のお皿)の下を押すと痛む
  • 運動中や運動後に膝が痛む
  • 何もしなくても膝がジンジン痛む
当てはまるあなたは「ジャンパー膝」の可能性があります。
お早めに当院へ起こし下さい。



ジャンパー膝に対する当院の施術方針

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)の原因筋は大腿四頭筋です。
この筋肉は骨盤に付着筋肉である為、当院の施術方針で3つのアプローチで痛みを取り除き良い状態を実現させます。

①骨盤矯正

通常の歩行でも骨盤レベルでは震度2~3の揺れを常に感じて吸収をしています。

大腿四頭筋の緊張は骨盤のゆがみを作ります。
すると、同じ運動でも震度5~6に感じるようになり衝撃を吸収出来ずに骨盤のゆがみとなります。
ハート接骨院式骨盤矯正でゆがみを取り除いていきます。


②足指の強化

骨盤のゆがみを取り除いても筋肉の硬さが残れば次の痛みへつながります。
目の前の痛みを取るだけでなく柔軟性のある体を作り痛みの予防をする為にも体の土台となる足指を鍛える事は非常に重要です。

あしづかみセラピー」で地面をつかむような力強い足指にして、パフォーマンスも向上させていきます。

③ハート接骨院式特殊ストレッチ

ジャンパー膝の原因筋は大腿四頭筋ですが、実はそこだけストレッチをしても柔軟性を獲得する事は出来ません。

開院から15年、延べ25万人以上を診させて頂いた経験からジャンパー膝に有効な独自のストレッチ法も開発しました。

自分でも出来るように指導していきます。

image1image2

ハート接骨院式接骨院式骨盤矯正)    (足指のトレーニングのようす)


 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
お困りの方は、お電話でご予約下さい。

0120-164-810

はじめての方は1日限定5名です。
「ホームページを見て・・・」とお電話・ご予約をお願いします。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

ハート接骨院・ハートフルマッサージの口コミ・感想をもっと見る

スタッフからのメッセージ

スタッフ写真

1) 元気で気持ちの良い挨拶
2) スマートな対応
3) 丁寧な説明
皆様の笑顔の場所となるように頑張ります!