尿もれ・尿失禁

尿漏れ(尿失禁)について


当院には産前・産後の骨盤矯正で多くの患者さんがみえます。

それぞれに痛みや悩みを持って来院されますが、お話を聞いていて「他に気になる事はありますか?」と聞いた時に、「実は・・・」と言って産後尿漏れがある事を教えてくれる方がみえます。

言いづらいことだとは思いますが、当院の治療で症状がお役に立てることもあり、一人で悩まずに気軽に声をかけて頂きたいなと思い、このページを作りました。



尿漏れの原因は?

女性の尿漏れには幾つかのタイプがありますが、ほとんどの場合に以下の2つ、またはその混合型が挙げられます。

①腹圧性尿失禁

こんな時に尿漏れがある

  • くしゃみや咳をしたとき
  • 軽くでも運動をしたとき
  • お腹に力を入れたとき
  • 重いものを持ち上げたとき

【原因】 多くは年齢に伴い、また出産や肥満、運動不足などが原因で起こります。


特に、尿道を支える「骨盤底筋群」というインナーマッスルの筋力低下によって尿道を締める力が弱くなって尿漏れが起こります。

特に妊娠・出産に伴ってこれらのインナーマッスルが傷つく事で筋力低下が起こる事があります。

産前・産後の尿漏れを訴えられる方の多くはこのパターンが見受けられます。


【治療】 基本的には骨盤底筋群を鍛える事で治療が可能です。詳しくは下の「当院の治療」をご覧下さい。
 
②切迫性尿失禁

こんなときに尿漏れがある

  • 尿意を感じたときにすぐにある
  • トイレで下着を下ろしている間に漏れている

【原因】 人は排尿をする時には脳からの指令=「自律神経」で調節をしています。

具体的には、交感神経が働くことで膀胱を広げて排尿を抑える。
副交感神経が働くことで膀胱を収縮させて尿意を感じやすくさせます。

例えば脳卒中などで脳がダメージを受けてこの自律神経の調節が上手くいかなくなった時に切迫性尿失禁を起こすと言われています。

しかし女性の場合にはこれらの原因がはっきりしない事も多いようです。


 

当院での治療方針


上記のように、尿漏れ・尿失禁の治療方針は

(1)骨盤を整えることや骨盤底筋群を再教育すること
(2)神経系の流れを整えること


の2つになります。

共に、ハート接骨院式骨盤矯正がお役に立てるものです。
ただ、骨盤底筋群は鍛えるのが難しい部位でもあるので治療だけで鍛える事は出来ません。

取り分け①腹圧性尿失禁の場合には骨盤底筋群の再教育が必要になってくるので、その場合にはインナーマッスルトレーニング「JOYトレ」がオススメです。

治療自体は6~9回で改善が認められる場合が多く、更に骨盤底筋を鍛える事が出来ればベストです。


尿漏れや尿失禁は中々人に気軽に相談できるものではありません。
当院には女性施術者もおりますので少しでも気持ちを楽に相談して頂ければ、お役に立てる事もあると思います。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
お困りの方は、お電話でご予約下さい。

0120-164-810

はじめての方は1日限定5名です。
「ホームページを見て・・・」とお電話・ご予約をお願いします。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ハート接骨院・ハートフルマッサージの口コミ・感想をもっと見る

スタッフからのメッセージ

スタッフ写真

1) 元気で気持ちの良い挨拶
2) スマートな対応
3) 丁寧な説明
皆様の笑顔の場所となるように頑張ります!